じんじんのすくすくライフ

とりから(パパ 兼 筆者)とにたまご(ママ)によるじんじん(長男)の成長を記したブログです。

きらきらの背中。月曜日の朝

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

2歳児の息子じんじんは近頃

 

 

「おにーさんになってきたから」と言うことがあります。

 

 

まだ下の子がいるわけではないのですが、

おそらく保育園で先生たちが、みんなにそのようなことを言ってくれているのでしょう。

 

 

自分でも、だんだん成長していることに気づき始めているのかもしれません。

 

 

 

 

 

そんなじんじんですが、

 

 

 

週5回保育園、土日が休み、

 

 

 

 

のリズムがわかってきました。

 

 

 

 

なので、月曜日に起きた瞬間から明らかにテンションが低いです。

 

 

 

 

起きるまで時間がかかるし、

 

 

 

朝ご飯もママの膝の上に座って食べるし、

 

 

 

自分で着替えようとせず、両側からママと私が着替えさせるし(どこぞの王様かいな)。

 

 

 

 

 

私が「土日楽しかったね!」と話すと、行きたくなさが爆発するのか、ポロポロと泣き始めたり。

 

 

 

とにかく月曜日の朝って少しエネルギーを使います。

 

 

 

そんなじんじん、月曜日に限らず保育園に行く時、お出かけの時はほぼほぼ抱っこです。

 

 

 

 

もう数ヶ月で3歳になるし、「そろそろ歩かない?」と言っても

 

「だっこ」

 

「あるかない」

 

と。

 

 

 

 

私は腰痛持ちだし、どうにかならないかなーと思いながら、

 

 

 

 

 

先日、いつもどおり上記のグズグズを乗り越えて、月曜日の玄関を開けました。

 

 

 

 

 

 

「抱っこ?」と聞くと、

 

 

 

 

 

「てーつなぐ。」

 

 

 

 

とひと言。

 

 

 

「え、今日は歩くの?」

 

 

 

「うん。」

 

 

 

 

少々戸惑いながらも、月曜日は荷物多いし、これはラッキー♪と軽い気持ちで、手を繋いで歩き始めました。

 

 

 

 

行きたくない病が出ないように、

 

 

好きな電車とか食べ物の話をしながら。

 

 

 

 

 

保育園までの道のりは、だいたい15〜20分程度でしょうか。

 

 

 

 

 

途中、信号の無いところで「いま、あか!、、、あお!」と言って止まったり歩いたり、信号ごっこをしながら進んでいました。

 

 

 

 

 

で、本当の信号に差し掛かった時、まだ青になったばかりですが

 

 

 

 

「いそげー!」と私の手を引っ張って横断歩道を渡りきりました。

 

 

 

いつもは赤信号の間、抱っこを下ろして休憩する束の間のお休みスポットなのですが。

 

 

 

 

その日はずっと歩いたままでした。

 

 

 

あっという間に渡ってしまった背中が、不思議とたくましく見えました。

 

 

 

 

彼を包むおひさまの光が、余計に心を動かしました。

 

 

 

 

 

保育園まであと1〜2分。

 

 

 

 

 

横断歩道を渡ってちょっと立ち止まった時じんじんは、

 

 

 

 

いつもの癖で抱っこのポーズ(両手を広げる)をしかけたものの、

 

とっさに手を引っ込めました。

 

 

 

 

そっか。

本当は抱っこしてほしいけど、頑張って歩いたんだね。

 

 

 

 

その健気な姿に耐えきれず、

「抱っこする?」と聞くと、

 

 

 

「だっこ。」

 

 

とじんじん。

 

 

 

 

 

「歩くのめちゃくちゃ頑張ったじゃん!」と、保育園までの1〜2分で5回くらい褒めちぎりました。

 

 

まだまだ抱っこはすると思いますが、

 

 

 

 

きっと予告編なしに最終回が来ちゃうんだろうなぁ。

 

 

 

 

いい加減たくさん歩いてほしい気持ちと、

まだまだ抱っこしたい気持ち。

 

 

 

 

 

 

長い目で見ると、親の方がよっぽどわがままなのかもしれないですね。

 

 

 

 

 

とりから。