じんじんのすくすくライフ

とりから(パパ 兼 筆者)とにたまご(ママ)によるじんじん(長男)の成長を記したブログです。

花の色に気づく2歳児

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

息子のじんじんは結構思い出話もしてくれます。

 

 

 

 

 

 

最近嬉しかったことは、

 

 

 

 

 

家から少しいったところ、保育園までの道のりの途中で、まんまるくきれいに咲く、紫のアジサイがあるんです。いっぱい咲くんです。

 

 

 

 

 

そこで昨年家族で写真を撮ったんですね。

 

 

 

 

 

で、にたまごさん(ママ)と今年も撮りたいね〜なんて話していたんですが、

 

 

 

 

 

じんじんと保育園に向かう途中、そのアジサイを指差して、

 

 

 

 

 

「まえ、ママとパパと、〇〇(自分の名前)で、「はいちーず」した!」

 

 

 

 

って言ったんですよね。じんじんもしっかり覚えていたんです。すごく嬉しくて、何度も聞き返してしまいました。

 

 

 

 

ってなわけで、今年もそのアジサイの前で写真を撮ったんですが、

 

 

 

 

アジサイもそろそろ終わりの今日この頃。

 

 

 

 

 

そこのアジサイは比較的早く咲いたので、

 

 

 

 

結構枯れぎわ。なんならほぼ枯れているんですが。

 

 

 

 

 

先日そのアジサイを指差して、

 

 

 

 

「ちゃいろになってる!、、まえ、あーちち(紫)だった」

 

 

 

と驚いたような、少し寂しいようなそんな感じ。

 

 

 

 

 

枯れる、ってどう伝えればいいんだろう。難しいなー。

 

 

 

そのアジサイを通り過ぎないうちに絞り出した答えとして、

 

 

 

「来年また綺麗に咲くために、おやすみなんだよ。だから頑張ったんだね。」

 

 

 

って言ってみました。

 

正解の回答かわからないけど、なんだか寂しいものとして捉えてほしくなかったので、そんな風にしてみました。

 

 

 

世のママパパさんは、ものごとをどんな風に伝えているのかなー。と、来年のアジサイを楽しみにする私です。

 

 

 

 

とりから。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

アジサイといえば、

 

数年前、大宮(だったかな)の青山フラワーマーケットさんの前を通りかかった時に、

 

アジサイに紫陽花(しようか)」

 

ってコピーのかかれた看板を出していまして、

 

世界一ぴったりなフレーズだなって思いました。「紫陽花」って少し妖しい雰囲気というか、まさしく梅雨が似合いそうな漢字の雰囲気も含めて、大好きな花です。

www.aoyamaflowermarket.com

 

www.aoyamaflowermarket.com