じんじんのすくすくライフ

とりから(パパ 兼 筆者)とにたまご(ママ)によるじんじん(長男)の成長を記したブログです。

2歳児も思い出話をします。

こんにちは。

 

 

 

 

現在2歳児のじんじん。

 

 

 

 

子育て生活が始まって、いろんなことに驚き、目から鱗、新発見の連続なんですが、

 

 

 

中でも三本の指に入るほど衝撃、というか、感激したのは、

 

 

 

 

ことばが少ない段階でも「思い出話」をするんだ、ということです。

 

 

 

冷静になれば、当たり前なのですが、

 

 

 

それを知るまでは、あくまで「その場にある、見えたもの」だけの話をするものだとばっかり思い込んでいました。

 

 

 

車を指差して「ブーブー」

 

 

 

犬を指差して「ワンワン」とかですね。

 

 

 

 

 

2歳1〜2ヶ月くらいから、2語文を操れるようになってきたじんじん

 

▼2語文についての参考webサイト

【専門家】2語文・3語文って? 語彙が爆発するとき、子どもの頭の中で起こっていること |たまひよ

 

 

ブーブー いた(車がいた)

 

 

パンマン ない(アンパンマンがいない)

 

 

 

などをよく言うようになり、それだけでも我が子の成長に歓喜していました。

 

 

 

 

それがさらに驚いたのが、

 

 

 

じーじ ばーば たっち

 

 

 

 

ばーば じーじ ばいばい

 

 

 

と言い出したんです。

 

 

 

 

その前日は、私の両親、じんじんにとっては父方のじじばばが遊びに来ており、

 

 

 

 

帰り際に手と手をタッチしたり、バイバイしたりしました。

 

 

 

 

そうです。思い出話です。

 

 

 

 

じじばばとコミュニケーションをとったのが嬉しかったようで、数日、いや数週間はその話をしてくれました。

 

 

 

 

2歳児のとっておきのエピソードトークに毎回感心しているパパです。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりから。