じんじんのすくすくライフ

とりから(パパ 兼 筆者)とにたまご(ママ)によるじんじん(長男)の成長を記したブログです。

花の色に気づく2歳児

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

息子のじんじんは結構思い出話もしてくれます。

 

 

 

 

 

 

最近嬉しかったことは、

 

 

 

 

 

家から少しいったところ、保育園までの道のりの途中で、まんまるくきれいに咲く、紫のアジサイがあるんです。いっぱい咲くんです。

 

 

 

 

 

そこで昨年家族で写真を撮ったんですね。

 

 

 

 

 

で、にたまごさん(ママ)と今年も撮りたいね〜なんて話していたんですが、

 

 

 

 

 

じんじんと保育園に向かう途中、そのアジサイを指差して、

 

 

 

 

 

「まえ、ママとパパと、〇〇(自分の名前)で、「はいちーず」した!」

 

 

 

 

って言ったんですよね。じんじんもしっかり覚えていたんです。すごく嬉しくて、何度も聞き返してしまいました。

 

 

 

 

ってなわけで、今年もそのアジサイの前で写真を撮ったんですが、

 

 

 

 

アジサイもそろそろ終わりの今日この頃。

 

 

 

 

 

そこのアジサイは比較的早く咲いたので、

 

 

 

 

結構枯れぎわ。なんならほぼ枯れているんですが。

 

 

 

 

 

先日そのアジサイを指差して、

 

 

 

 

「ちゃいろになってる!、、まえ、あーちち(紫)だった」

 

 

 

と驚いたような、少し寂しいようなそんな感じ。

 

 

 

 

 

枯れる、ってどう伝えればいいんだろう。難しいなー。

 

 

 

そのアジサイを通り過ぎないうちに絞り出した答えとして、

 

 

 

「来年また綺麗に咲くために、おやすみなんだよ。だから頑張ったんだね。」

 

 

 

って言ってみました。

 

正解の回答かわからないけど、なんだか寂しいものとして捉えてほしくなかったので、そんな風にしてみました。

 

 

 

世のママパパさんは、ものごとをどんな風に伝えているのかなー。と、来年のアジサイを楽しみにする私です。

 

 

 

 

とりから。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

アジサイといえば、

 

数年前、大宮(だったかな)の青山フラワーマーケットさんの前を通りかかった時に、

 

アジサイに紫陽花(しようか)」

 

ってコピーのかかれた看板を出していまして、

 

世界一ぴったりなフレーズだなって思いました。「紫陽花」って少し妖しい雰囲気というか、まさしく梅雨が似合いそうな漢字の雰囲気も含めて、大好きな花です。

www.aoyamaflowermarket.com

 

www.aoyamaflowermarket.com

ねんね後のテレビ時間

こんにちは。

 

 

 

 

 

ねんね後の時間、世のママパパたちはどのようにお過ごしなんでしょうか。

 

 

 

 

 

我が家はベタですが、一通り家事を片付けて、テレビ時間となります。

 

 

 

 

 

溜まったドラマ/バラエティの録画か、

 

 

TVerで録画し損ねたバラエティか

 

 

Amazon プライムビデオで映画か、そんな感じです。

 

 

Fire TV Stickさまさまな日常です。

 

 

 

テレビや映画を観て過ごすにも、「子どもを起こさないように」も悩みの一つ。

 

 

 

 

我が家では、

・ソファーに座っててもテレビに届く長い延長コード

・二股イヤホンジャック

・各々のイヤホン

で楽しんでいます。

 

▼これではありませんがこんな感じのやつ。

 

 

最近観た映画だと、「キューティ・ブロンド」が夫婦間でヒットしました。

 

 

 

 

ブロンドJKの主人公が、

弁護士を目指す彼氏に「弁護士にブロンドの妻は相応しくない」とフラれ

見返すために自分も同じハーバードのロースクールに通うことになり、、なサクセスストーリー。

 

 

とめもアメリカ映画らしい、ポジティブな映画でした。

 

子育て疲れで、どうもネガティブになるママパパにはちょうどよかったです。

 

 

 

ちなみに、字幕を追う元気がないので基本吹き替えで観ます。

 

 

 

 

 

 

とりから。

2歳児息子からのチュウ

こんにちは。

 

 

 

 

 

息子のじんじん(2歳児)との触れ合いは常に楽しいです。

 

 

 

 

 

残業比較的少なく、時々在宅もありな仕事にキャリアチェンジしてから、家族と一緒にいる時間は大切にできていると思っています。

 

 

 

 

じんじんとの距離も、開くことなく絆を深める日々です。

 

 

 

 

そんなじんじんですが、

 

 

 

 

どこで覚えたのか、私(パパ)の顔が近づくと

 

 

「チュウ♪(´ε` )」

 

 

と言いながら、なぜか鼻の頭にチュウしてきます。

 

 

 

すごいのが、私の首の後ろに手を回して、グッと近づけてしてくる時も。

 

 

 

 

誰ですか、うちの息子に韓流ドラマ観せたの。

 

 

 

 

 

 

つい先日、朝保育園に行くときのこと。

 

 

 

 

歩くのが嫌になったじんじんは、抱っこでした。

 

 

 

 

抱っこだと自ずと顔が近づくので、例の通り

 

 

 

じんじん「パパ、チュウ♪(´ε` )」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから保育園までの10分間、

 

鼻の周りが、じんじんが朝食べたヨーグルトフレーバーになりました。

 

 

 

 

 

 

とりから。

 

 

2歳児とパパのひそひそ話

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

息子のじんじん(2歳7ヶ月)がおしゃべり大好きな話を度々していますが、

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

 

 

意外とTPOにあった声色も使いこなせるようになっています。

 

 

 

 

というのも、

 

 

 

 

およそねんね(寝かしつけ)の時は、ママ、パパとじんじんの3人で川の字で寝るタイプなのですが、

 

 

 

 

普段の疲れのせいで、ママがだいたい先に寝落ちします。

 

 

 

 

 

となると、残る私とじんじんが起きているわけなんですが、

 

 

 

 

 

じんじんは時々、その状況を読んで、小声でお話をしてくれます。(ひとりごとを言っていることも)その使い分けも上手で感心します。

 

 

 

 

先日の内容は、

 

 

 

 

「パパ、こんど いっちょ ブーブであーぼーぼー」(小声)(パパ今度一緒にブーブで遊ぼ)

 

 

 

から始まって、寝かしつけタイムとわかっていながら、保育園で歌ったとか、公園ですべりだいで遊んだとか、いろいろお話をしました。

 

 

 

そんな風に話しているうちに、自慢のクリクリの大きな目が細〜くなって、

 

 

 

 

就寝を確認したら、寝かしつけ完了。です。

 

 

 

 

 

ママには内緒のひそひそ話。至福の瞬間です。

 

 

 

 

とりから。

音楽の先生?2歳児

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

息子のじんじんは、おしゃべりはもちろんですが、お歌も大好きです。

 

 

 

 

 

私も、趣味のバンドでギターボーカル担当のため、歌が好きになってくれるのはなんだかんだ一番嬉しいかもしれません。

 

 

 

 

じんじんが最近ハマっているのが、「サザエさん」のオープニングテーマです。

 

 

 

 

じんじんは所構わず、「パパ、サザエさんうたって」とリクエスト。

 

 

 

ええ歌いますとも。家でも外でも。寝ても覚めても

 

 

 

 

私「サザエでございまーす。たたたっ おさかなくわえたどらねこ おーおっかけーて♪ 」

 

 

じんじん「パーパパッパー」(合いの手)

 

 

私「はだしで かけてく・・・(食い気味)じんじん「ようちーさざえしゃん」

 

 

私「ようきーなサザーエさん・・・(食い気味)じんじん「んなーわぁってぅー」

 

 

私「みんなが笑ってるー おひさまも笑ってるー・・(食い気味)じんじん「るーるるるー」

 

 

私「ルールルルールー・・・(食い気味)じんじん「ちょおいーてんち!」

 

 

私「きょーもいい天気ー」

 

 

 

 

 

 

って音楽の先生方式!!

 

 

 

 

 

 

 

とりから。

よりぬきサザエさん 全13巻セット

ぬいぐるみがお外に出るには?2歳7ヶ月

こんにちは。

 

 

 

 

 

こちらの記事で紹介した通り、うちはぬいぐるみがおしゃべりをします。

 

そんなやりとりの中の一つで、じんじんの回答に思わず唸ってしまったものがありまして。

 

 

 

 

 

家族3人でお散歩していく時に、

 

 

ペンギンのぎんさん(演:にたまごさん)が「いいなー、ぎんさんも一緒に行きたいなー」って話したときのこと

 

 

じんじん「だめー!」

 

 

ぎんさん(演:にたまごさん)「えーなんでー?」

 

 

 

 

 

じんじん「くっくなーい!」(ぎんさんは靴が無いから!)

 

 

 

衝撃を受けるペンギンのぎんさん

 

 

 

感激するパパとママ

 

 

 

そうかー、靴を履いてお外にいくのが(今のところこの国では)普通なんだってわかっているんだなー。

 

 

ことばで教えたのではなくて、経験で学んでいるってことに度々驚かされています。

 

 

 

 

 

とりから。

パパいじりのはじまり 2歳7ヶ月

こんにちは。

 

 

 

 

 

息子のじんじん(2歳7ヶ月)ですが、

 

 

 

お菓子が大好きです。

 

 

 

ポテチやらじゃがりこなどのジャンクフードが。

 

 

 

割と早いうちから与えてしまったことに、今となっては少し後悔しています。

 

 

 

「本当はあまり良くないんだよなぁ」と思いつつも、本人が覚えてしまっているため、どうにもできず、時々一緒に食べてしまっています。

 

 

 

 

 

話の本質から逸れるので棚上げしますが。

 

 

 

 

私とにたまごさん(妻)、そしてじんじんの3人でポテチを食べていた時のこと、

 

 

 

 

 

 

じんじんは、「パパ/ママにもちょーだい」とお願いすると、手渡ししてくれるか、あーんしてくれます。

 

 

 

 

それが嬉しいのでついついお願いするのですが、

 

 

 

 

 

 

「ママにちょーだい」と言うと、

 

 

 

「ママどーど」(ママどうぞ)

 

 

 

って言いながら大きなポテチをくれます。

 

 

 

 

 

 

流れで私が「パパにもちょーだい」と言うと、

 

 

 

 

 

じんじん、ニコッとしながらポテチのあるお皿をじっくり見て、

 

 

 

 

 

「パパどーど」(パパどうぞ)

 

 

 

 

 

 

 

彼の第一関節くらいのミニマムポテチをくれます。満面の笑みで。

 

 

 

 

 

 

何回やってもです。

 

 

 

 

 

 

 

パパいじりが始まっています。

 

 

 

 

 

 

私は大喜びで、「お笑いできるじゃん!」と褒めると

 

 

 

 

 

じんじんも

 

 

「おわやいでちう!ぅふふふふふ」(お笑いできる!www)

 

 

と大笑い。

 

 

 

 

 

 

 

週末のおやつタイムのお楽しみです。

 

 

 

 

とりから。