じんじんのすくすくライフ

とりから(パパ 兼 筆者)とにたまご(ママ)によるじんじん(長男)の成長を記したブログです。

【寝かしつけ】ガキ大将3歳児 寝室にあらわる

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

息子じんじんの寝かしつけについては、おそらく世間の壮絶な寝かしつけ話を聞く限り、そこまで大変ではありません。ありがたいことに。

 

 

 

ちょっと寝ないでいることはありますが、基本は静かに過ごしてくれるタイプだと感じております。

 

 

 

 

 

ある日のこと、

 

 

 

 

 

寝る時は、川の字になって、その日の気分によりママか私にくっついています。

 

 

 

 

その日は私でした。

 

 

 

 

 

あまり刺激してしまわないように、静かにおはなしなんかをしながら、だんだんと静かになったら私は黙って、じんじんが眠りにつくのを待ちます。

 

 

 

 

 

私が静かになり、じんじんも静かになってきて、そろそろ寝る頃かな、なんて思っていた矢先、

 

 

 

 

 

じんじんが歌い始めました。

 

 

 

 

ただし、私とママを起こすまいと、小声でこっっっそり歌っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おーれはジャイアーン、がーきだいしょー

 

 

 

おーれはジャイアーン、がーきだいしょー

 

 

 

おーれはジャイアーン、がーきだいしょー

 

 

 

おーれはジャイアーン、がーきだいしょー

 

 

 

 

寝る間際の選曲じゃないし、

 

小声で歌う歌でもないし、

 

そこしか覚えてないからエンドレスだし

 

 

 

 

 

 

 

笑いを堪えるのに必死の夜でした。

 

 

 

 

 

 

とりから。

【おすすめリアル模型】トミーテック 全国バスコレ80 JH046 川崎市交通局

トミーテック 全国バスコレ80 シリーズ、ハマりそうです。

こんにちは。

 

 

 

 

じんじんは乗り物が好きです。

 

 

 

 

例のごとく、プラレールなどの電車のおもちゃも好きですし、

以前の記事で紹介したように、Nゲージダイキャストスケールの電車も大好きです。

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

 

 

 

電車も好きなら、当然のように、バスも好きです。

 

 

そこで、じんじんへのサンタさんからのプレゼントで送られた、

「全国バスコレ80 JH046 川崎市交通局」をご紹介します。

 


[鉄道模型]トミーテック (HO) 全国バスコレ80 川崎市交通局【JH046】

 

この記事を読んでいただいてわかる

  • トミーテック 全国バスコレ80とは
  • 触った感じや作りは?
  • 良い点 気になる点
  • まとめ

 

 

 

トミーテック 全国バスコレ80とは

f:id:cotasen-656565:20230122104433j:image

我が家にあるのはこちらです。

「全国バスコレ80 JH046 川崎市交通局

いわゆる川崎の市バスですね。

 

 

 

この、「全国バスコレ80」シリーズについてですが、

バスコレクション(THE バスコレクション)は、株式会社トミーテックが発売するバス車両模型(ミニカー)のシリーズである。略称は「バスコレ」

参考サイト:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/バスコレクション

 

ちなみに、1/150の縮尺の「ミニバス編」と

1/80の縮尺の「バスコレクションはちまる」が発売されています。

 

写真で紹介したものは、1/80スケール、つまり、「バスコレクションはちまる」のシリーズです。

 

ちょっと大きめの1/80の方が息子が喜ぶと思い、こちらを購入することに決めました。

 

※ちなみに息子は「東急バス」を欲しがっていましたが、大きなサイズがなく、川崎市バスに誘導したということです。

 

 

触った感じや作りは?

ぱっと見はこんな感じです。

プラスチックで、結構軽いです。

f:id:cotasen-656565:20230122104433j:image

正面はこんなです。ブルーの色味が鮮やかで目を惹きます。

f:id:cotasen-656565:20230122104747j:image

上部にはエアコンも再現されています。

普段上から見ることはないので新鮮と言えば新鮮です。
f:id:cotasen-656565:20230122104750j:image

 

「菅生車庫」行き?この車庫は現在閉所になっているそう。

f:id:cotasen-656565:20230122105044j:image

 

登戸を通る路線の設定だそうです。これら細部へのこだわりもなかなか素晴らしいです。
f:id:cotasen-656565:20230122105051j:image
f:id:cotasen-656565:20230122105047j:image

車内のシートもリアルに再現されています。

f:id:cotasen-656565:20230122225048j:image

f:id:cotasen-656565:20230122225051j:image

ちなみに、タイヤはゴムでできており、外れやすいです。うちの息子はなぜか外すのにハマりました笑

f:id:cotasen-656565:20230122225038j:image

 

付属でミラーのパーツも付いていますが、まだ3歳の息子が遊ぶには小さすぎるので、つけずに取っておいています。

f:id:cotasen-656565:20230122225115j:image

 

 

良い点 気になる点

■良い点

  • とにかくリアル
  • 軽くて持ちやすいので、危なくない
  • タイヤの滑りもいいので、手転がしで遊ぶにも十分

 

■気になる点

  • 軽い分、そこまで頑丈じゃない ※そもそも小さな子ども向けではなく、模型なので当然なことで、デメリットではないですね。

 

 

まとめ

トミーテック 全国バスコレ80 シリーズ、ハマりそうです。

 

 

息子が欲しいというので買った(サンタさんが届けてくれた)ものですが、大人もテンション上がるほどのクオリティです。

 

 

乗り物マニアでは全くない私ですが、よく乗ったバスの模型が他にもあれば欲しいと思っています。

 

 

例えば一風変わったプレゼントとして、

引っ越しや異動する方に、その土地でよく乗ったバスや電車の模型やおもちゃを渡すっていうのも、面白いですね。

 

 

 

 

 

とりから。

 


[鉄道模型]トミーテック (HO) 全国バスコレ80 川崎市交通局【JH046】

 

 

※こちらも狙っています。


トミーテック 全国バスコレ80 (JH042) 横浜市交通局 1/80スケール 鉄道模型(ZN89161)

 

 

~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

過去の記事もご覧いただけたら嬉しいです。

息子とのエピソードや、子育てを通して気づいたことを綴っております。

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

【聞きまちがい】「すってんころりん」→「すっぽんぽん」

こんにちは。

 

 

 

 

 

息子のじんじん(3歳)はずいぶんおしゃべりが好きです。

 

 

 

 

 

すっかりペラペラに会話ができており、日々楽しくコミュニケーションをとったり、時に小さな喧嘩をすることもあります。(というより、一方的に私が拒否されて落ち込んでいます。)

 

 

 

 

 

ある日、

なんとなく私が、風呂上がりにじんじんの頭をタオルで乾かしながら、

数年前に新宿の交差点で大転倒して頭を打った話をじんじんにした時のことです。

 

 

 

 

私「パパさー、昔、転んだんだよねー」

 

 

じん「どこで?」

 

 

私「新宿。湘南新宿ラインが止まるとこ。の道路で」

 

 

じん「いつころんだの?」

 

 

 

私「ん、前の会社にいた時。転んで頭打って病院行ったの」

 

 

 

ママ「頭打ったっけ。救急車のったの?」

 

 

 

私「乗ってない。自分で行って、検査したけど平気だった」

 

 

 

じん「パパころんだんだ」

 

 

 

私「そう、パパ新宿ですってんころりんだったのよ」

 

 

 

 

 

じんじん「へー!パパ、

 

 

 

 

 

 

 

ころりんすっぽんぽんだったのか(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

逮捕たいほ。即逮捕。

 

 

 

 

 

※ちなみに翌朝、保育園に行く途中割と大きな声で言われて焦りました。

 

 

 

 

とりから。

 

 

~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

過去の記事もご覧いただけたら嬉しいです。

息子とのエピソードや、子育てを通して気づいたことを綴っております。

 

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

【子どもの味覚】よく気づいたな、と思った話

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

息子のじんじんは、というより、お子様は味覚が敏感なのでしょうか。

 

 

 

先日、夕飯でお味噌汁を食べていた時のことです。

 

 

 

その日のお味噌汁は、

 

 

ほうれん草、にんじん、だいこんなどなど、具だくさんでした。

 

 

 

 

じんじんが好きな野菜と言えば、にんじんなのですが、だいこんも比較的しっかり食べてくれます。

 

 

 

 

私も、味噌汁に入ったしみしみのだいこんが大好きです。

 

 

 

 

 

その日もだいすきな味噌汁のだいこんを食べていたところ、

 

 

オエっと吐き出したじんじん

 

 

 

 

じんじん「にがいからやだ」

 

 

 

 

「え、いつも食べるじゃん」とママ

 

 

 

「にがいかなぁ」と私もまた食べてみる。

 

 

 

 

するとママがあることに気づきます。

 

 

 

 

 

 

ママ「今日のだいこん、下の方だ!」

amanoshokudo.jp

 

 

 

 

 

まじか!!!!、、、

 

 

 

 

親はそこまで気にならなかっただいこんの(たぶん)辛み。

 

 

 

 

 

じんじんには確かにその違いがわかったようで、その味覚にビビりました。

 

 

 

 

 

大人になって苦いものが好きになったりするのは、そもそも味覚が鈍るからだ、ってこととか、聞いたことありますもんね。

 

 

 

 

恐るべし、子どもの感覚。

 

 

 

 

 

とりから。

 

 

~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

過去の記事もご覧いただけたら嬉しいです。

息子とのエピソードや、子育てを通して気づいたことを綴っております。

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

【体調不良】こちらの思い込みで後悔したこと

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

息子のじんじん(3歳)、風邪を引きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の異変は、朝起きてからなかなか布団から出ず、

 

「ほいくえんいかない!」

「あさごはんたべない!」

 

の二点張り

 

 

 

お正月明けてまだあんまり経っていないし、行きたくない気持ちが高ぶっているのだろうと、この時点では思っていました。

 

ちなみに発熱は無し

 

 

 

 

遊ぶ時こそ「パパ!パパ!」な息子も、

甘えたい、駄々こねたい時はもっぱら「ママがいい!」

 

 

 

こんな虚無感に襲われる朝は多いです

 

 

 

 

 

どうにかこうにか保育園へと出発!!

 

 

 

 

 

外に出れば機嫌は良く

 

 

 

「カラスが2いるよ!」

「おつきさまがでてるよ!」といつもどおり楽しく登園していました。

 

 

 

 

 

そして保育園に着く直前の道で動きが止まり、

 

 

 

どした?と聞くと、

 

 

 

ゲボっと大きなたんのかたまり?をひとはき。

 

 

 

 

 

 

まじか、、、

 

 

 

 

 

 

ただ、なんだか吐いたらケロッとしている模様。

そういえば先日、泣きすぎでたんをゲボっと吐いてスッキリしたことがあり、体調不良ではなく、それと同じなのでは?と。

 

 

 

 

 

 

それでも「ほいくえんいけない!」と言うので、大事をとって休むことに。(私も急遽休み)

休みを伝えた先生に、最高の笑顔で手を振っていました苦笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休むとわかると、ちょっと顔が明るくなり、行きよりもマシンガントークでした。

 

 

 

 

 

この時まだ内心、「これは保育園行けたんじゃね?」と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

一応小児科に連れて行き、念のため薬をもらい帰宅。

 

 

 

 

 

 

その間ずっと喋っていて、「なんだ元気じゃん、、」と拍子抜けが続いている状態。

 

 

 

 

 

ところがお昼ご飯の時

 

 

 

 

 

 

 

いつもなら進んでバクバク食べるメニューも1/3で止まり、

 

 

 

 

 

 

 

「ねんねする。」と寝室に向かうじんじん。

 

 

 

 

 

熱を測るとちょっと上がっていました。(この日の夕方さらにあがります。)

 

 

 

 

 

 

ここで初めて

「あ、保育園休んでよかった、、」と安堵した私。

 

 

 

 

 

 

ここに来るまで何度

「行きたくないだけじゃないか、、?オレ会社行けたんじゃないか、、?」と疑ったことか。

 

 

 

 

 

それについて激しく後悔しました。

 

 

 

 

 

 

そんなこと思ってごめんね。。

 

 

 

 

 

 

それに、

「行きたくない」が体調不良に繋がりかねないなんてこと、大人である私のほうがよっぽどわかっているはずなのに。

 

 

 

 

 

 

ちゃんと対話できなかった自分を責めてしまいます。

(朝、対話するだけの時間が取れないというのも事実なんですが、、)

 

 

 

 

 

 

 

心身と書くように、心と身体は繋がっていると言うこと、改めて感じながら、コミニュケーションをとって行きたいなぁ、と感じた今回の出来事でした。

 

 

 

 

 

 

とりから。

 

 

~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

過去の記事もご覧いただけたら嬉しいです。

息子とのエピソードや、子育てを通して気づいたことを綴っております。

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

【号泣エピソード】警備員さんを思い出して

こんにちは。

 

 

 

 

いつもは、息子のじんじんの話を書いているのですが、

 

 

今日は彼の従兄弟=

ママの姉の子どもの話をします。

 

 

 

仮に「まーくん」とします。

 

 

 

まーくんが保育園に行く途中の道では、マンションが建設中です。もうすぐ完成します。

 

 

 

建設中の敷地の前には、いつも交通誘導の警備員さんが立っています。

 

 

 

そこで、通るたびに挨拶をしてくれるそうです。

 

 

 

ちなみに、私たち家族もその道は近いので、同じかわかりませんが警備員さんと挨拶したこともあります。

 

 

 

 

 

まーくんは、通るたびに少しだけ会えるその警備員さんが大好きなようです。

 

 

 

 

ある日保育園で、

まーくん、突然泣き出してしまったそうです。

 

 

 

 

 

先生が何故か尋ねると、

「もうすぐその警備員さんに会えなくなるから」とのこと。

 

 

 

 

 

 

そうです。

もうすぐマンションが完成=警備員さんとのお別れなんです。

 

 

 

 

 

大人からすれば、新しい建物が完成することにばかり興味がいってしまいそうですが、

 

 

 

 

 

まーくんの人生からすれば、そうではなく、

 

 

 

警備員さんも、「警備員A」ではなく、

 

 

 

 

重要な登場人物なんですね。

 

 

 

 

 

春に小学校に上がるのを控えだんだんヤンチャになり、マイクラ&スプラトゥーンにべったりの彼からはなかなか想像できない(笑)ピュアなエピソードに、少し胸を打たれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりから。

 

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

 

【親のきまずさ】公園でパン屋さんごっこがはじまった

こんにちは。

 

 

 

 

 

息子のじんじん(3歳)と公園に行くと、

 

 

砂場

シャボン玉

すべりだい

ブランコ

ジャングルジム

かけっこ

 

のように、公園で遊べる内容フルコースで遊ぶことになります。※順番はその時々。

 

 

 

 

最近特にハマっているのが、

 

ジャングルジムでパン屋さんごっこ

 

 

 

 

別にジャングルジムを登ったりするのが好きというわけではなく、

 

ジャングルジムの中にじんじんが入り、

 

私(パパ)が外にいて、

 

1番低い横棒をカウンターに見立てて、

 

 

じんじん「いあっしゃいませー いあっしゃいませーパンやさんでしよー!」

 

 

と急にパン屋さん劇場がはじまるのです。

 

 

 

パンのレパートリーは豊富で、

 

チョコパン

メロンパン

カレーパン

食パンなど、

 

思いつくパンは全て取り揃えています。

 

ヨーグルトパンなるちょっと変わり種もあって、実際にあったら地元でプチバズりしそう。

 

 

 

 

私はいつもお客さんで、その時のおすすめを聞いてパンを購入し、じんじんはパンに見立てて砂をひとつまみ持ってくる。という流れです。

 

 

 

 

ある日、ジャングルジムにていつもどおりパン屋をやっていたら、

 

 

 

偶然別の女の子がジャングルジムで遊び始めて、

 

(うちより1個くらい大きいかな。)

 

 

うちがパン屋さんごっこやっているのを一瞥したのち、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子「ママー!いらっしゃいませー!いらっしゃいませー!パンやさんですよー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたくチェーン店がオープンしました。

 

 

 

 

 

いち公園のいちジャングルジム内という

狭いエリアに2店舗。さながらファミマ的な展開に戸惑いました。

 

 

 

 

子どもの影響力ってほんとにすごいですよね。

 

 

 

別の日も、砂場で大きな山を作っているお兄ちゃんがいて、じんじんも

 

じんじん「パパ!おっきいやまつくろう!」(彼はノータッチ)

 

気づけばその山の向こう側でも対抗して大きい山を作っている子どもたち。

 

(山じゃなくてもう山脈だよ。)

 

 

そんな感じで、子供の遊びは自然と周りへ波及していくものです。

 

 

 

 

そうなったときに残るのは、親の気まずさです。

 

 

親同士が知り合い、または子ども同士が知り合い、

とかであれば別にいいのですが、

 

 

親同士も知り合いでなく、子ども同士も知り合いでない場合、

 

 

 

なんともいえない気まずさが漂います笑

 

 

 

 

これは私がコミュ障だからでしょうか。。?

 

 

 

 

 

じんじん、もしくはその女の子には大変申し訳ないですが、

 

 

 

 

 

ちょっと早めに閉店してくれないかと思ってしまいました。。。苦笑

 

 

 

 

 

とりから。

 

 

~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

過去の記事もご覧いただけたら嬉しいです。

息子とのエピソードや、子育てを通して気づいたことを綴っております。

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com