じんじんのすくすくライフ

とりから(パパ 兼 筆者)とにたまご(ママ)によるじんじん(長男)の成長を記したブログです。

セルフ通訳 2歳児のことば

こんにちは。

 

 

 

 

息子のじんじんですが、

 

 

 

 

当ブログの更新ができていない2ヶ月のあいだに、ずいぶん成長しました。

 

 

明らかな成長ポイントは、やはりそのボキャブラリの多さ、発音の上手さでしょうか。

 

 

 

どんどんおしゃべりが上手になり、口が達者になっていく毎日です。

 

 

 

 

ただまだまだ、こども語といいますか、何を言っているのかわからないことも多いです。

 

 

 

 

公園でテンションがマックスになると

 

 

 

 

「●¥♨︎〜!!★Φ=!!!!」

 

 

 

と叫びながら謎の舞を披露してくれます。

 

 

 

その瞬間を動画に収めたいと常々思うのですが、気づいた時には終わっている超レアな瞬間なため、なかなか難しいです。

 

 

 

 

で、そのこども語に関することですが、

 

 

 

 

 

お出かけ終わりに玄関で靴を脱いだ時に、

 

 

 

「ありゃりゃ〜すね〜⤴︎♪」

 

 

 

 

「ありゃりゃ〜すね〜⤴︎♪」

 

 

 

とたまに言っています。

 

 

 

ほんっとに何言っているかわからなさすぎて、ただただ笑ってしまいます。

 

 

 

 

 

私も真似していうのが楽しく、

 

 

 

 

ひとりごとのように「ありゃりゃ〜すね〜」とつぶやいています。(おまわりさんこの人です!)

 

 

 

先日、寝室でも

 

 

「ありゃりゃ〜すね〜⤴︎♪」

 

 

 

 

「ありゃりゃ〜すね〜⤴︎♪」

 

 

 

と言っていたので、

 

 

 

耐えきれず私が

 

 

「ねー、ありゃりゃーすね」って何よw

 

 

 

 

 

と聞いたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おねがいしますねーだよ」

 

 

 

 

 

と言い返されました。

 

 

 

 

 

 

いや、言えるんかい。

 

 

 

 

 

 

とりから。

 

きらきらの背中。月曜日の朝

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

2歳児の息子じんじんは近頃

 

 

「おにーさんになってきたから」と言うことがあります。

 

 

まだ下の子がいるわけではないのですが、

おそらく保育園で先生たちが、みんなにそのようなことを言ってくれているのでしょう。

 

 

自分でも、だんだん成長していることに気づき始めているのかもしれません。

 

 

 

 

 

そんなじんじんですが、

 

 

 

週5回保育園、土日が休み、

 

 

 

 

のリズムがわかってきました。

 

 

 

 

なので、月曜日に起きた瞬間から明らかにテンションが低いです。

 

 

 

 

起きるまで時間がかかるし、

 

 

 

朝ご飯もママの膝の上に座って食べるし、

 

 

 

自分で着替えようとせず、両側からママと私が着替えさせるし(どこぞの王様かいな)。

 

 

 

 

 

私が「土日楽しかったね!」と話すと、行きたくなさが爆発するのか、ポロポロと泣き始めたり。

 

 

 

とにかく月曜日の朝って少しエネルギーを使います。

 

 

 

そんなじんじん、月曜日に限らず保育園に行く時、お出かけの時はほぼほぼ抱っこです。

 

 

 

 

もう数ヶ月で3歳になるし、「そろそろ歩かない?」と言っても

 

「だっこ」

 

「あるかない」

 

と。

 

 

 

 

私は腰痛持ちだし、どうにかならないかなーと思いながら、

 

 

 

 

 

先日、いつもどおり上記のグズグズを乗り越えて、月曜日の玄関を開けました。

 

 

 

 

 

 

「抱っこ?」と聞くと、

 

 

 

 

 

「てーつなぐ。」

 

 

 

 

とひと言。

 

 

 

「え、今日は歩くの?」

 

 

 

「うん。」

 

 

 

 

少々戸惑いながらも、月曜日は荷物多いし、これはラッキー♪と軽い気持ちで、手を繋いで歩き始めました。

 

 

 

 

行きたくない病が出ないように、

 

 

好きな電車とか食べ物の話をしながら。

 

 

 

 

 

保育園までの道のりは、だいたい15〜20分程度でしょうか。

 

 

 

 

 

途中、信号の無いところで「いま、あか!、、、あお!」と言って止まったり歩いたり、信号ごっこをしながら進んでいました。

 

 

 

 

 

で、本当の信号に差し掛かった時、まだ青になったばかりですが

 

 

 

 

「いそげー!」と私の手を引っ張って横断歩道を渡りきりました。

 

 

 

いつもは赤信号の間、抱っこを下ろして休憩する束の間のお休みスポットなのですが。

 

 

 

 

その日はずっと歩いたままでした。

 

 

 

あっという間に渡ってしまった背中が、不思議とたくましく見えました。

 

 

 

 

彼を包むおひさまの光が、余計に心を動かしました。

 

 

 

 

 

保育園まであと1〜2分。

 

 

 

 

 

横断歩道を渡ってちょっと立ち止まった時じんじんは、

 

 

 

 

いつもの癖で抱っこのポーズ(両手を広げる)をしかけたものの、

 

とっさに手を引っ込めました。

 

 

 

 

そっか。

本当は抱っこしてほしいけど、頑張って歩いたんだね。

 

 

 

 

その健気な姿に耐えきれず、

「抱っこする?」と聞くと、

 

 

 

「だっこ。」

 

 

とじんじん。

 

 

 

 

 

「歩くのめちゃくちゃ頑張ったじゃん!」と、保育園までの1〜2分で5回くらい褒めちぎりました。

 

 

まだまだ抱っこはすると思いますが、

 

 

 

 

きっと予告編なしに最終回が来ちゃうんだろうなぁ。

 

 

 

 

いい加減たくさん歩いてほしい気持ちと、

まだまだ抱っこしたい気持ち。

 

 

 

 

 

 

長い目で見ると、親の方がよっぽどわがままなのかもしれないですね。

 

 

 

 

 

とりから。

急に怖がりになった2歳児

こんにちは。

 

 

 

 

 

息子のじんじん(2歳8ヶ月)ですが、

 

 

 

 

結構ビビリです。

 

▼ビビリの様子は、川崎水族館にいった記事でもお伝えしました。

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

 

まず、虫がダメです。

 

 

 

マンションの玄関を開けて、ちょっと遠目にカメムシがいたんですが、

 

 

 

三輪車に乗ったじんじんは、そのカメムシをじーっと見つめます。

 

 

 

あろうことか、そのカメムシはだんだんこちらに近づいてきます。

 

 

 

じんじん「こっちくる!だっこ!だっこ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、どこかしらで聞こえる物音が苦手です。

 

 

 

 

寝かしつけのときに、扉の向こうの冷蔵庫が音を立てた時、外で隣人の話し声がしたりすると、

 

 

 

じんじん「なんのおと? こわいー。。だっこ」

 

 

 

が止まらなくなります。

 

 

 

これは、毎日の悩みになりつつあります。どうにか怖がりを克服していただけないものか。。

 

 

 

 

 

前は、人見知りもせず、怖いものもそんなにない感じだったのですが、やっぱりいろいろなことがわかってきて、自分の中であらゆるものに対する線引きができてきたんですね。

 

 

 

 

ただ頭を抱えるばかりでなく、「それも成長」と捉えられるのが、私たち親の成長といったところでしょうか。

 

 

 

 

とりから。

しっかりものでありたい2歳児

こんにちは。

 

 

 

 

 

息子のじんじん(2歳8ヶ月)ですが、

 

 

 

度々記事にしている通り、おしゃべりの成長はすごいです。

 

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

 

1歳後半から2歳になるまでの成長もすごかったですが、

 

 

 

2歳半から今、まさしく3歳を目指している段階の成長の角度も、なかなかびっくりさせられています。

 

 

 

ボキャブラリーが増えるのが、1歳半から、

 

 

意思や意味を持たせるのが上手くなるのが2歳半から、といった具合でしょうか。

 

 

 

 

パパいじり、パパを変な人だと扱っているところも立派です。

 

 

 

私の幼少期も父親を変な人キャラとしていて、今では立派に「変なじいじ」です。

 

 

 

 

 

さておいて、じんじんはしっかり者です。

 

 

正確に言うと、しっかり者でありたい感じが漂っています。

 

 

 

なので朝はとにかく早くて、親を起こす係です。

 

 

 

 

朝といえば、

 

 

「パパ、ごろんしないでよ!はやくおちて!」(5時半(休日))

 

 

からはじまり、

 

 

 

「パパ、ウーン(掃除機)してきていいよ?」

 

 

 

 

「パパ、そーっとしてね?(ケガをしたパパの指をみて)」

 

 

 

 

などなど、「しっかりものでしょ?(どやぁ)」感たっぷりの言い方が非常に愛らしいのです。

 

 

 

 

なんだか、ズボラでとろとろしている私のことが気になったのか、出かける準備をしている時には

 

 

 

 

「パパ、くつしたはいてないよ?はやくはいて?」

 

 

 

と。

 

 

 

 

2歳児息子に、「今やろうと思ってた!」なんて大人気ないことを口走りそうになってしまいました。苦笑

 

 

 

 

数年後のパワーバランスに期待です。

 

 

 

 

 

とりから。

ねんね後のテレビ時間 02 「青葉家のテーブル」

こんにちは。

 

 

 

 

 

ねんね後のテレビ時間ですが、

 

 

 

相変わらずAmazonプライムで映画なりドラマなり、バラエティなりにお世話になっております。

 

 

 

「相席食堂」なんかは、Amazonがなければ出会えなかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

最近観た映画だと、こちらが自分の中でヒットしました。

 

※2022/07/13現在 アマゾンプライムビデオで配信中

 

夏休み、青葉家に2週間居候することになった、美大志望の少女。

青葉家に住んでいるのは、

・友人とバンド活動に勤しむ、中学生の少年、

・少年の母親(過去に夢を諦めた。何か心にモヤモヤを抱えている?)

・母親の友人の女性

・とその彼氏(子供番組の作家をしている?)

と、なんとも複雑な設定。

 

青葉家のテーブル自体は、短編ドラマとしてネットで配信されているのですが、それをみていなくても問題なく楽しめました。

hokuohkurashi.com

 

少年や少女の、いかにも青春な将来への不安や葛藤とか、

大人なりの、過去へのモヤモヤだったり、

大きな盛り上がりこそないけど、心地よい共感を誘うヒューマンドラマでした。

 

 

こんな風に、見て面白かったものや作品、もちろん息子との出かけ先についてなど、アウトプットしないと忘れていってしまうので、自分のためにも書き出して行きたいと思います。

 

 

とりから。

はじめての水族館 〜カワスイ〜

こんにちは。

 

 

 

 

 

先日、家族で水族館に行ってまいりました。

 

 

息子のじんじん(2歳児)ははじめての水族館です。

 

 

kawa-sui.com

 

2020年7月に川崎駅近くにオープンした、

 

川崎水族館、通称「カワスイ」です。

 

 

 

もともと水族館が好きなので、じんじんが生まれる前にも、よく夫婦で関東近郊の水族館には足を運んでいました。

 

 

 

それを踏まえてカワスイは、

 

規模は小さいけれど、お子様の水族館デビューにはちょうどいい

 

といったところでしょうか。

 

従って、

大きい水槽や、迫力のあるショーに重点をおいている方には不向きです。

水族館のしっとりした雰囲気や、小さくて可愛い魚たちをみたい方向けですね。

 

 

 

で、行ってみた結果わかったことは、

 

うちの息子はビビリでした。

 

 

大きい魚(といっても大きめのデンキウナギなど、両手を軽く広げて間に合うくらいの)の水槽に近づくと、脇をビク!!っとして、

 

 

「いやー!あっちいくー!!」と拒否の連発

 

▼参考写真

カワスイ01

 

それでもなんとか水族館を楽しい場所と感じてほしくて、

 

 

怖めの魚には、全力でバイバイをすればちょっと楽しくなる作戦を決行。

 

 

びくっとしたらむしろ水槽に近づいて大袈裟に「バイバーイ!」っとやって逃げて、また近づいて「バイバイ」して逃げて、の繰り返し。

 

 

 

じんじんも楽しくなってきて、

 

いやーd..バイバーーイwwwwwww」

 

と、水族館を楽しんでくれました。

 

 

大きな魚以外に、カピバラやカメレオンなどに対しても恐怖心があったので、この作戦で乗り切りました。

 

 

 

後日、保育園に行く時に、

「おっきいおななな(お魚)、ばいばーいしたwww」と思い出話をしてくれたので、それなりに効果はあったかな、と思っています。

 

 

感染者が増えているのでまたしばらくお預けですが、次の水族館or動物園が楽しみです。

 

 

 

とりから。

妖怪?2歳児の頭の中 その2

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

先日、じんじんにしか見えない妖怪の話を書きましたが、

torikara-nitamago.hatenablog.com

 

 

この話が早くもシリーズ化して第二弾が出ると思いませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな妖怪は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっきい赤ベーコン

 

です

 

 

 

 

それ以外の特徴、情報がありません。

 

 

 

 

とりから。

 

ベーコン 切り落し 選別品 上級 1kg 業務用 訳あり 国内加工・ベーコン切落し【1kg】・